結婚相手には、ありのままの自分を認めてくれる人が良い

結婚相手には、どんな人が良いのか。

 

これは結婚適齢期を迎えた男女には、非常に興味があるテーマだろう。

 

しかし自己評価の観点から考えてみると、非常に簡単な答えが出る。

 

それは「ありのままの私」を認めてくれる人だ。

 

自分の思っている自己イメージを、そのまま受け入れてくれる人が、長く暮らしても疲れない相手だから、結婚相手にちょうど良いと言うことになる。

 

具体的に言うと、自己評価が高い人にとっては、自分をほめてくれる人が一番心地よい

 

「自分はできる人間だ」「自分は愛される存在だ」などという風に自分を肯定的に捉えている人にとっては、それを否定する様な言葉は苦痛でしかない。

 

そのため、自分をほめてくれる人を周りに置きたいし、結婚相手に選びたいはずだ。

 

ただし自己評価が高い人というのは、なかなか扱いが難しく、失敗も多いから、こういう人と結婚すると大変な生活になるかもしれない。

 

まず自己評価が高い原因が自己愛だった場合、仕事ができるとは限らないので、経済的に苦しいだろう。

 

芸術家気取りだったり、単なるナルシストだったりすると、出費ばかりでお金が残らなかったりするので、多少裕福でも、家計は火の車かもしれない。

 

また金が稼げなかったり、仕事ができないことで、自己評価が傷つくのは日常茶飯事なので、長々と自慢話を聞かされたり、逆に突然怒鳴り出したり、暴れ出したりするのは覚悟しないといけない。

 



自己評価が高い人には大きなリスクが

自己評価が高い人は、肯定的な文章で自分自身のイメージを作っている。

 

「私は○○ができる」「私は○○が得意」「私は愛されている」「私は必要とされている」などといったフレーズがアイデンティティだ。

 

なので自己評価が高い人が結婚相手に選ぶのは、自己イメージを肯定してくれる人になるだろう。

 

というのも自己評価が高い人は、自分を否定する相手とは暮らせないからだ。

 

しかしこういう自己評価が高い人を結婚相手に選ぶと、よほど相性が良くないと大変かもしれない。

 

というのも自己評価が高い人の中には、自己評価を保つために長々と自慢話をしたり、ちょっと批判すると烈火のごとく怒り出したり、扱い方が非常に難しいからだ。

 

自己評価が高い人は、成功している人が多いので、結婚するとなにか良いことが待ってそうな気になるが、実際に結婚してみると、内実は大変だったりする。

 

一方、自己評価が低い人には、自分の欠点を傷つけずに、うまく批評してくれる人が心地よい

 

自己評価が低い人も、ほめられるとうれしいし、それで自己評価も上がるのだが、しかしそれでは自分が認められている気がしない。

 

どこかウソくさく感じてしまうし、ウラに何か魂胆でもあるんじゃないかと思う。

 

なのでほめてくれる人に対して心が許せないため、結婚相手として望ましいのは、うまく自分を叱咤激励してくれるタイプになる。

 


広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
カリスマトレーナーが高音指導!

音痴を治す魔法のレッスン