自己評価が低い人の本質とは記事一覧

自己評価が低い人は、自分のことが話せない。自分がどういう人間であるか、他人にハッキリ言葉で言えない。と言うのも自己評価が低い人というのは、自分に自信はないし、自分に取り立てて何か特長があるとも思っていない。また何か言えば、物議を醸すかもしれず、自分の無知や無能さが知られるのも怖い。つまり、自己評価が低い人は、自分の特長が、よくわかっていない自分が何か言ったときの反応が怖い自分ができないヤツだと他人...

自己評価の低い人は、返事が遅い。何か尋ねても、すぐに答えが返ってこない。というのも自己評価が低い人というのは、非常に慎重派で、何をどう答えるべきか、いちいち考えてから答えるからだ。「好きな食べ物は何?」などと言った他愛もない質問に対しても、あーだこーだ考えてから答える。そのため返事が遅くなったり、全く返事が返せなくなってしまうのだ。そのため「そこまで真剣に考えなくても」とか、「すぐに決められないの...

自己評価が低い人は、自分で決断しない。自分で選ぶことには自信がないし、そもそも自分の好みも、ハッキリしていない。そのため食堂で、何を食べるか決めるだけでも、さんざん迷ったあげく、他人と同じモノにしたりする。自己評価が高い人の場合は、さっさと自分の食べたいモノを選ぶけれど、自己評価が低い人は、そうやってグズグズする。自己評価が低い人がなぜそんなに迷うのかというと、「とにかく失敗するのが嫌」だかららし...

自己評価の低い人が選択で迷うのは、自分独自の選択基準を持っていないからだ。自己評価が高い人というのは、自分の好き嫌いがハッキリしていて、とにかくまず自分の好きなモノを選ぶ。「ふわふわしたピンク色のモノが好き」「ガツンとパンチの効いた肉料理が好き」…などというような独自基準を持っており、自分の基準に合うモノを見つけて選ぶのだ。しかし自己評価が低い人というのは、自分の好き嫌いよりも、失敗を恐れる。他人...

メニュー選びで時間がかかる人には、2種類のタイプがいる。その場の雰囲気で選ぼうとするタイプと自分なりの選択基準を持たないタイプだ。その場の雰囲気で選ぼうとしている場合は、誰かが何かを注文した後の反応から、自分の選ぶモノを決めるので、どうしても時間がかかってしまう。たとえばハンバーグが食べたいと思っても、誰かがハンバーグを注文して、他の者がそれを馬鹿にしなければ、自分も同調してハンバーグを注文する。...

自己評価が高い人にとって選択とは、自分に一番あったモノを選ぶことだ。自己評価が高い人は、好き嫌いがハッキリしている。そして自分の選択に自信があるため、モノを選ぶ際にあまり迷わない。欲しいと思ったモノを素直に選べるのが、自己評価が高い人の選択だ。一方、自己評価が低い人にとっての選択とは、あきらめるモノを決めることである。自己評価が低い人は、自分自身の好き嫌いがハッキリしない。そして自分自身の満足より...

自己評価が低い人は、自分の選択に自信がないため、他人の価値観に合わせて選ぼうとする。しかし他人の価値観なんてわからないから、迷いに迷って選べず、時間がかかる。食事のメニューを選ぶだけでも、いちいち比較検討して選んだり、同席者の顔色をうかがいながら選ぶので、選ぶのはいつも最後になる。食事のメニュー選びくらいで、そんなに時間がかかっていたら、もっと重要な選択などできるわけがないから、「メニューを開いて...

失敗は誰にでもある。しかし、そのあとの行動は、自己評価でかなり異なる。自己評価の高い人は、たとえ失敗しても、比較的早い段階で、次の別の行動に移ることができる。失敗は自分の能力のせいだけではなく、環境やタイミングが悪かったせいだし、失敗の一つや二つしたところで、自分の価値が揺らぐだなんて思ってもいない。失敗したら、またやり直せば良いと思っているし、次は成功すると思っている。一方、自己評価が低い人は、...

自己評価が低い人は、批判されるとショックを受けて落ち込む。にもかかわらず、自分のことを聞きたがる。というのも自己評価が低い人は、自分がどういう人なのかがわからず、他人に教えてもらいたいらしい。自己評価が高い人は、好き嫌いがハッキリしているし、自分に自信があるため、他人に尋ねる必要がない。一方、自己評価が低い人は他人の目が気になるので、自分のことが他人の目にどう映っているのか、それを知りたいと言うこ...

自己評価が高い人は、成功しやすい。というのも自己評価が高い人は、低い人より行動的で決断力があり、成功するまで何度も挑戦するからだ。自己評価が低い人は、自分の判断に自信が持てないため、慎重であり、決断に時間がかかる。決断が遅いために様々なチャンスを逃してしまうし、挑戦が少ないため、なかなか成功にたどり着けない。そのため自己評価が高い人と比べると、成功しにくい。では自己評価が高ければ良いのかというと、...

自己評価が高い人は、成功しやすい。なぜなら失敗してもへこたれず、成功するまで挑戦し続けるからだ。失敗しても挑戦し続けておれば、いつかは成功することもあるだろう。失敗で簡単にくじけるような者より、はるかに有望であるのは確かだ。しかし自己評価が高ければ、必ず成功するというわけでもないし、仮に成功したとしても、問題が起こる場合もある。というのも自己評価が高い人が、失敗してもへこたれない理由は、失敗の原因...