料理と格闘技は、自己評価を上げる趣味

自己評価を高めるためには、新しいことに挑戦しなくてはいけない

 

自己評価が高い人は、常に新しいことに興味を持ち、難しいことに挑戦することで、自己評価を高く保っているのだ。

 

しかし自己評価が低い人は、失敗したときのダメージの方が怖いので、新しいことに挑戦することには尻込みしがちだ。

 

なので自己評価を高めて自分を変えるには、失敗リスクが低いことから始める必要がある。

 

失敗しても損しないことであれば、自己評価が低い人も挑戦しやすいだろうからだ。

 

ではどういった事に挑戦すれば、自己評価が高まるのか。

 

それは、自分の得意分野を作ることだという。

 

趣味でも何でも、自分が情熱を持てる分野で上達すれば、自分の能力に対する自信が高まる。

 

自分には何らかの能力があるのだと思えば、自己評価は高くなるのだ。

 

ビジネスでも、自分の弱みに焦点を当てるよりも、自分の強みを探し出すことに、まず焦点を当てるべきだ、とよく言う。

 

「他より秀でている部分があること」が、ビジネスでは強みになるわけだから、それをまず見つけることが重要なのだ。

 

自己評価に関しても、他人より秀でていることが、自分の存在価値を確信させ、自己評価を高める。

 

因みに自己評価を高めることがわかっている行動には、料理や格闘技などがある。

 



不平不満を目標に変える

自己評価を高めるには、自分の強みを作ることが必要だが、それは一朝一夕にできるものではない。

 

たとえばインターネット・マーケッターのリッチ・シェフレンの本には、強みとは、生まれ持った才能に、経験と教育と技能が加わったものだとある。

 

たとえば同じ事を習ったとしても、すぐに上達する人と、上達しない人がいる。

 

テニスにしてもゴルフにしても、あっと言う間に上達する人と、何年やってもなかなか上達できない人がいる。

 

この違いを、リッチ・シェフレンは、「生まれ持った才能の違い」だとしている。

 

バスケットボールで「神様」と呼ばれたマイケル・ジョーダンは、プロ野球に転向したが全く芽が出なかった。

 

これはジョーダンの才能がバスケットボールには向いていたが、プロ野球には向いていなかったからだという。

 

超一流のプロスポーツ選手ですら、そうやって向き不向きがあるのだから、自分の強みを見つけられない人が多いのも、ある意味仕方が無い話かもしれない。

 

しかしそれでも自己評価を高めるために、ちょっとしたことでも良いから行動して、自信を作っていかないといけない。

 

そのヒントとして、自己評価の心理学には、3つのことが挙げられている。

 

最初に挙げられているのは「不平不満を目標に変える」ということだ。

 

不平不満があるということは、現状に満足していないと言うことであり、改善する意欲があると言うことでもある。

 

どういうことに満足していないのかを調べ、どうしてそれが起こっているかを考え、次にどうすれば満足できる現状に変えられるかを考える。

 

これがつまり「不平不満を目標に変える」という意味だ。

 


広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
カリスマトレーナーが高音指導!

音痴を治す魔法のレッスン