第6の鍵 失敗を受け入れる

自己評価を高める第5の鍵は「心の中の批判を黙らせる」だ。

 

自己評価が低い人は、行動を起こすたびに、「こんなこと何の役に立つ?」「うまく行きっこない」などと考えてしまう事が多い。

 

何かやってみようと思って始めてみるが、うまく行くような予感がしないため、だんだん否定的な事を考え始め、せっかく始めたことでも早々にやめてしまうのだ。

 

自己評価が低い人は失敗を極度に恐れており、行動し始めた後も、常にやめる口実を探しているのだ。

 

途中でやめれば失敗という結果も出ないので、口実を見つけてやめようとするわけだ。

 

ところが途中で辞めると言うこと自体も、「うまく行かないことを始めてしまった」という失敗だから、やっぱり自己評価を下げてしまうことになる。

 

挑戦から逃げても自己評価は下がるし、挑戦しても自己評価が下がるので、どうしようもない。

 

そこで次に重要になるのが「失敗を受け入れる」ということだ。

 

これは失敗してもいいや、とことん頑張ったならいいや、と言う風に考えるべしって事らしい。

 

実際、自己評価が高い人というのは、新しい挑戦をすること自体に価値を感じている。

 

新しいことを始めること自体にワクワクしており、新しい挑戦をする自分を高く評価する。

 

特に他人が挑戦しないようなことには喜んで挑戦し、成功するか失敗するかは、さほど気にしてないのだ。

 

成否にかかわらず、やるだけやって、へとへとに疲れ果てたらそこで満足する。

 

俺がこんなに努力してもダメだったんだから、自分には向いていなかったんだろう」という風に考えるのだ。

 



失敗して良い余地を知るべし

何か新しいことを始める場合、失敗する確率は非常に高い。

 

と言うか、新しいことなんだから、最初は失敗するのが当たり前だ。

 

たとえば水泳だとか、自転車に乗るとか、最初からうまくできる人間は滅多にいない。

 

何度も何度も、何度も失敗した後に、泳げたり、自転車に乗れたりするのが普通の状態のはずだ。

 

ところが自己評価が低い人は、最初の数回でできないと、もう挫けてしまう。

 

頑張ろうと思っても、すぐに挫けてしまい、ダラダラと続けてみるということもできない。

 

できるまで続けないんだから、できないのは当たり前で、変な話、「できない自分」を確認したら、そこでやめてしまう。

 

「自己評価の心理学」のテキストによると、失敗に対して恐怖を覚えやすいのは完璧主義者や完璧主義者の親を持つ子供だという。

 

彼らは合格水準が高すぎて、100点満点が成功で、99点は失敗だと捉えるため、100点満点が取れなければ、自己評価は下がってしまう。

 

となると、100点満点が取れなさそうな事には、挑戦する意欲を持てなくなるのも当然だ。

 

積極的に行動できない人は、たいていの場合、物事を成功か失敗の二元論で考えているのだという。

 

要するに、100%成功以外は、みんな失敗って事だね。

 

しかしそれって、自分で勝手に決めた合格点であって、世間的な、客観的な合格点ではない。

 

肝心なところさえ、ちゃんと押さえておれば、枝葉末節のことは適当で良いって事もよくある。

 

なのでその合格基準が現実的な根拠に基づくものか、自分で勝手に決めた理想なのかを再確認する必要もあるだろう。

 

要するに、どれくらいの失敗なら大丈夫なのか、失敗して良い余地を知ることも重要なことだ。

 


広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
カリスマトレーナーが高音指導!

音痴を治す魔法のレッスン