第三の鍵 己の感情に正直になる

多くの人間は、自分の気持ちにウソをつく。

 

自分の感情を押し殺して平静を保とうとする。

 

失敗して悔しいが、悔しさを否認する。

 

出世や昇格を逃して悔しいが、それも否認する。

 

怒りが起こっても、怒っていないと否認する。

 

こういう風に、様々な感情を押し殺す。

 

というのも自分の感情を公の場でぶちまけるのは、社会的は良くないことだとされているからだ。

 

つまり感情を表に出さないと言うことは、自分の感情や気持ちを認めないという防衛方法であると共に、社会的な評価を下げないための防衛機制でもあるわけだ。

 

ところがこういう風に自分の感情を否定するのは大変だ。

 

というのも喜怒哀楽それぞれに身体が反応するため、力尽くでこれらを押さえ込まねばならないからだという。

 

たとえば怒りの感情が起これば、目がつり上がり、相手をにらみつけたり、歯をグッとかみしめたり、拳を握ったり、足腰の筋肉に力が入る。

 

これが普通の正直な身体の反応なのだが、これを表に出さないように、別の筋肉を緊張させて感情を閉じ込める。

 

しかしそれは怒りを他人に見せないようにしているだけで、怒り自体はなくなっていないわけだ。

 

なので怒りを別の方法で発散させておかないと、怒りをずっと抑え続けねばならなくなる。

 

そして力尽くで感情を抑え込み続けた結果、頭痛がしたり、歯ぎしりがしたり、肩が凝ったり、腹や腰に痛みが出たりするというわけだ。

 

「腰痛は怒りである」と言う本が十数年前に流行ったが、怒りを抑えるために足腰の筋肉が常に緊張してしまうのだ。

 



人間は、筋肉を固めて感情を抑える

人間は、感情を抑えすぎると、身体が硬くなってしまうと言う。

 

というのも我々は感情を抑えるときに、無意識に筋肉を固めてしまうかららしい。

 

感情をぶちまけるのは、社会的には、みっともないことだとされているため、感情を表に出さないように、筋肉で身体をガッチリ固めるのだ。

 

たとえば、怒りがこみ上げて「この野郎」と怒りに震えているときは、眉間にしわがより、目がつり上がり、奥歯をかみしめ、固く拳を握っている。

 

歯を食いしばって相手をにらみつけたり、手足で机や床をバンバン叩きたくなる。

 

ところがそれをするとたしなめられるので、、怒りの表情を表に出さないようにする。

 

このとき我々が何をしているかというと、顔の筋肉や首肩の筋肉を緊張させて、表情が変わらないようにガッチリ固めている。

 

本来ならば力が入るはずの筋肉を脱力させ、別の筋肉に力を入れて怒りを抑えるのだ。

 

これが習い性となると、怒りを表に出しても良い場面でも、怒りに関連する筋肉が緊張せず、表情がドンドン乏しくなる。

 

怒りの感情が起こったら、怒鳴ったり、何かを投げたり、叩いたり、蹴ったりすることで、怒りを発散しないといけないのだ。

 

それをしないがために、慢性的なコリが生まれてしまい、身体のあちこちが常に痛む状態になるわけだ。

 


広告

このエントリーをはてなブックマークに追加