他人に自己評価を上げてもらう

自己評価が低い人は、成功することが少ない。

 

というのも失敗するのが怖いので、新しいことには挑戦しないし、失敗しそうなことは避けるからだ。

 

しかしそうして何もしなければ、自己評価が少しずつ下がっていく。

 

というのも失敗を恐れて挑戦を避けていると、「意気地無し」という悪評価になってしまうからだ。

 

そこで「失敗するのが見えているのに挑戦するのはバカだ」とか、「勝てない勝負はすべきではない」などとうそぶいて、意気地無しであることを「否認」して自己評価を保とうとする。

 

ただそれだけではやはり自己評価は保てないため、別の方法で自己評価を保とうとする。

 

その一つが、自分に関係がある人の成功を、自分の成功と見なすと言う方法だ。

 

これは自分の身近にいて、よく知っている人の成功を、自分の成功のように考えて、自己評価を上げるのだ。

 

よく知っている人は、自分に近ければ近いほどよい。

 

たとえば親だとか子供だとか、夫だとか妻だとか。

 

あるいは同級生だとか友人だとか、とにかく自分に何らかのつながりがある人が、何か人に自慢できるようなことを成し遂げれば良い。

 

他人に自慢できる知り合いがいることで、自分の自己評価は上がるものらしい。

 

確かに「芸能人の○○って、ウチの連れの知り合いやねん」…みたいな感じで、自慢してくる人はいるね。

 

連れの知り合いって、直接面識無いってことだから、そんなことをなぜ言い出すのか不思議に思ったりするが、あれは自己評価が高まるからって事なんやな。

 



知り合いの成功を自分の成功と見なす

自己評価が低い人は、自己評価を保つため、自分に近い人間の成功を、自分の成功だとみなす。

 

というのも他人に自慢できるような成功を、自分に関係する人間が修めると、それだけで自己評価が高まるからだ。

 

血もつながらず姻戚関係の全くない有名な芸能人やスポーツ選手が自分の知り合いだっただけでも、「あれは、自分の知り合いだよ」と言って、自慢できるから、自己評価が上がる。

 

身内の成功なら、自慢しても良いだろうし、有名人と知り合いだったら、それも自慢できる。

 

知り合いの知り合いになると、さすがにどうかと思うが、そうやって自慢できることがあれば自己評価が上がるのだ。

 

なので自己評価が低い人は、自分で何かに挑戦して成功を収めるより、知り合いの成功を自分の成功に見立てるわけだ。

 

自分で挑戦すると失敗が怖いから、自分の知り合いに自分の成功を仮託するのだ。

 

仮託は、自分との関係が近いほど良い。

 

親兄弟でも良いし、結婚相手でも良い。

 

自分の子供に自分の夢や、果たせなかったことを仮託する親もいる。

 

たとえば学歴が無いことを普段から引け目に感じる親は、なんとしても子供を難関大学に入れようとする。

 

というのも自分の子供が難関大学に入ることで、自分がそれを成し遂げたような気分になるからだ。

 

他には、成功した人と結婚することを、自分の成功と見なす場合も多い

 

一昔前までは、多くの女性が、夫の成功を自分の成功と捉え、誇りに思っていた。

 

たとえばフランスでは、1960年代までは、医者の妻であることが高い自己評価をにつながっていたという。

 

医者と結婚できると言うことが、女性の強いステータスになっていたわけだな。

 


広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
カリスマトレーナーが高音指導!

音痴を治す魔法のレッスン