デリケートゾーンは、デーデルライン桿菌が重要

デーデルライン桿菌(かんきん)は、女性のデリケートゾーンに住んでいる細菌です。

 

この菌は、ラクトバシラス属に属する乳酸菌で、ヨーグルトを作るときに使う乳酸菌の仲間です。

 

デーデルライン桿菌は、思春期以降の健康な女性のデリケートゾーンに住み着きます。

 

我々人間の腸内や皮膚には、様々な細菌が住み着いていて、様々な働きをしています。

 

デーデルライン桿菌は、デリケートゾーンに住み着き、酸性に保って、他の悪玉菌が増えないようにしています。

 

デリケートゾーンの悩み

ユニチャームが行った、デリケートゾーンの悩みに関する調査結果があります。

 

これによると、多くの女性がデリケートゾーンに悩みを抱えています。

 

デリケートゾーンの悩みランキングは、1位が「かゆみ」、2位が「におい」、3位が「おりもの」となっています。

 

デリケートゾーンのケア」に関する意識調査(ユニチャーム/2014年2月実施)

 

ところが、この悩みに対して、誰かに相談した経験がある女性は、僅かに21%しか居ません。

 

またデリケートゾーン専用のアイテムを使っている女性も、10%前後しかいません。

 

どうやらこの悩みを抱えたまま、具体的な対策が取れないヒトが大多数のようですね。

 

そしてただ洗っているだけという印象です。

 

もしかすると、デーデルライン桿菌の存在も、全く知らないかも知れません。

 

 

デーデルライン桿菌を増やすには

女性のデリケートゾーンの健康を保っているのは、デーデルライン桿菌という乳酸菌です。

 

デーデルライン桿菌が働いていると酸性に傾いて、他の雑菌や悪玉菌が悪さをすることを防ぎます。

 

身体の中に住んでいる細菌の様子をフローラ(花畑)と呼びますが、デリケートゾーンのフローラを整えることが、重要なんですね。

 

ではどうすれば良いのか。

 

実はデリケートゾーンケア乳酸菌Urex乳酸菌のサプリメントがあります。

 

腸内の乳酸菌は、直接飲んでも腸内には定着できませんが、このUrex乳酸菌は定着率が良く、フローラを整えてくれます。

 

フフレディ乳酸菌(女性用乳酸菌) 詳細

1日1粒、定着率の高いUrex乳酸菌カプセルを飲むことで、デリケートゾーンの悩みを解決!

フフレディ乳酸菌



Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット

スポンサーリンク